fc2ブログ

鹿肉の脂肪

  1. 2013/10/22(火) 12:04:36|
  2. 肉商品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
鹿肉を販売 または説明しているサイトでは

鹿肉って最高 とか

とってもヘルシー とか

高タンパク 低脂肪 などの宣伝文句が飛び交っている
DSCF45631.jpg
父ちゃんも言ってるじゃない

へいへい そうですね

本当に鹿には脂肪がないのか?

いえいえ ちゃんとあります
ただ高級牛肉のような霜降り状態ではないということです

鹿肉自体は本当に赤身といっていいほど 赤いのが普通です
でも赤身(=筋肉)と赤身の間には脂肪がついてたり
肉と皮の間にはしっかりと脂肪がついてます
ついてないと エゾ鹿などは 冬を越すのが辛いのかもしれませんね

個人的にみれば特に目立つところは やっぱりバラの部分ですかね
次に目立つのは ん~ すね肉当たり?
すね肉は運動の際 もっとも動く筋肉の一つです
そして 複雑にいつくかの筋肉が繋がってます
肉質をみても やはり筋張ってます
(頑張ってますと漢字が似てると思ったのはワタシだけ?)

普通 ミンチに使われるのは この部位が多いそうです
牛筋などは煮込めば凄く美味しい部分でもありますけど
ミンチにしてしまうということは 肉を整形しなくて良いということになります

なので鹿肉ミンチは 鹿肉と表示されている脂肪量より高いということになると思います

この表示は食品成分表に記載されている 鹿肉 赤身 生での数値で
一般的な牛肉との違いですが
牛肉でも脂質が少ない部位の 赤身 生 と比べると4分の1から2分の1程度となり
10分の1や 15分の1と表記されているのと かなりの差が生じます

鹿肉を販売しているにも関わらず こうやってぶっちゃけるのも どうなの?(笑)
なら 手軽に買える牛肉のほうがいいんじゃない?(笑)
あとはお値段の問題ですか?

まぁそれでも 脂質が少ないことに変わりはありませんが
わんこのしっぽでは 鹿肉ミンチを使わない理由がこれなのかもしれませんね

それでも 冬場になった時には 骨付きバラ肉を多く与えてました
北海道の冬はやはり寒い
寒い時期だからこそ 少しはプヨでもいいんじゃないかな などなど
炭水化物などをとっても脂質に変わるかもしれないけど
私は純粋な動物性の脂質をあげたいかな
DSCF45761.jpg
近頃痩せ気味なんだよね
もうちっと 肉くれ ニク

にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



<<寒さ対策 | BLOG TOP | 歯垢が気になる方のアイテム>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback