fc2ブログ

使えない そして煮込む

  1. 2014/05/28(水) 14:45:49|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
鶏の骨はどうなのかと賛否両論だろうが
一つのいけない理由は・・・
鶏ガラだと 基本的には廃鶏を使っていることが多いからか?

廃鶏とは年齢としては高齢であることが多い
ということは 骨も硬くなっている
熱を加えれば 更に硬くなる
そして 骨からカルシウムが無くなる 俗にいう骨粗しょう症に近い状態だということ
産卵には多くのタンパク質とカルシウムが必要ということらしいのだ

ならば月齢の若い鳥ならばチワワでも丸かじりできるのではないかと考えたが
個体に対する肉量は少なく また手に入れる そして生きているものを捌くのに抵抗を感じる
そこで さらに考えた
ダチョウの幼鳥ならば それなりに大きさがあり
ダチョウ牧場でも 全てのダチョウが順調に育つこともないというので
商品にできないかと試作に取り掛かる

結果・・・
使えません

ダチョウの幼鳥といっても ニワトリ位の大きさはある
だが 親になっても もも肉しか使い物にならないのは幼鳥も同じだった
鶏の手羽先程度も肉が取れない

気を取り直して
馬のスジ煮込み
DSCN4741.jpg
長さ約30cm程度なのだが 煮込むと
DSCN4882.jpg
端は湯に溶けたのだろうか?
いや 多分 スジが熱変性し 縮んだのだろう 10㎝程度まで縮む
圧力鍋でなくても 充分だと思うが 肉質はやはり硬くなる
私のジジイの歯では 歯が立たないとはこのことか 噛めない
普通は生のまま与えているが 今日はなんとなくね
丸々一本チワワズ4頭では瞬殺
おやつの肉としては まぁお手軽なのかもしれない
DSCN4230.jpg
お肉のおやつは大歓迎よ
パパはお料理下手だけど 私はお肉だけでも 充分いただけるわ
煮るなんて 誰でもできるものね


へいへい
下手で悪うございますね
下手な鉄砲数撃ちゃ当たる
そのうち どっかーんと美味しい物作ってやるわ
それより 熱変性で縮むというのは 分子結合が不安定になる事?
この部位の場合 肉よりもスジが大きな変化をみせている
スジはコラーゲンが摂れるといわれているのだが
この熱変性によって縮んだものからアミノ酸まで分解するのと
生を胃酸による 酸変性で分解するのと どちらが分解しやすいのだろうか?
謎は深まるばかり・・・
今日も眠れませんzzz
というか 適当人間だから 考えずに生が主であげちゃいますけど
知ってる人がいたら 教えてね
DSCN4247.jpg
そんなに深く考えなくても 私は食べるわよ
生肉 ウマウマだし


にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村
営業情報
5月29日はお休み予定です
スポンサーサイト



<<仲良しか 独り占めか | BLOG TOP | ちょっとだけ女子力か>>

comment

  1. 2014/05/29(木) 11:53:53 |
  2. URL |
  3. なっつばー
  4. [ 編集 ]
なんかマジックみたいに小さくなっちゃいましたね~~。(笑)
スープも美味しく飲んだのかしら?
ダチョウって大きいのに、利用できる肉は少ないのですね?
意外です。
ササミとかむね肉とか、鶏と同じようにあると思っていました。
丸ごとだったらウズラの方がイイのかしら?
やっぱり鳥の骨はだめなのでしょうか?
このサイズなら圧力鍋・・・、いや魚みたいには柔らかくならないのかな。
愛知県豊橋市は養鶉が盛んなので、つい・・・。

  1. 2014/05/29(木) 19:43:52 |
  2. URL |
  3. k-dog
  4. [ 編集 ]
なっつばーさん
本当にこんなに縮むとは私も思ってなかったですよ。
スジやアキレスは生か、加熱でも乾燥なので、
ここまでとは・・・
恐るべし。
ダチョウはモモしかないんですよね。
親鳥にならないと肉量と手間のバランスがとれません。
ウズラはいいかも?次回検討かな。
鶏骨は生ならうちではあげてますよ。

 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback